花咲く岩木山に三味線が響く

201006.jpg

岩木山のオオヤマザクラが咲き始める5月の上旬、山麓の「津軽三味線ライブ」が始まる。岩木山神社枡形の他3ヶ所で、10月末までの毎日曜日と祭日・年34回のロングランのライブだ。ワンステージ30分とはいえ、車で移動してマイクやスピーカーをセットするなど大変な労働だ。ライブを始めてから今年で6年目となる。これまで続けてこられたのは、土地の人間でもある花田一蔵氏という三味線奏者のおかげである。

花田氏の本業は農業で、農作業の合間に観光協会開催のライブだけでなく湯宿の宴会に呼ばれたり、全国で開催される「民謡大会」や津軽三味線の演奏会に呼ばれたりなど、結構忙しい。そんな花田氏は、「若げ~頃は、地方巡業でなんぼでも仕事したじゃ!そして、酒もなんぼでも飲んだんだ。でも、もう余り遠くさはもう行がねんだ!疲れでしまうんだよ、巡業は・・・」と、遠くを見るように言葉が少なくなる。こんな綺麗な山がすぐ目の前にあり、ここで飲む酒はうまいし、ここを離れる理由が無い。自分の家が一番だというのだ

津軽三味線は、「ぼさま」と呼ばれた盲人が、『門付け』といって家の前で弾いて歩いたところから始まったものだ。それは、芸事ではなく、命をつなぐ手段であった。

長い年月の間に、鳥や虫、吹雪など、あらゆる自然の音を取り入れ、津軽には無くてはならない音色になったという。津軽三味線の演奏スタイルはこうして確立したが、本来的には民謡の唄の伴奏として成長したものだ。民謡歌手が望む「音」を伴奏しなければ干されることになるので、一人一人の個性に合わせることが必然になるのだ。

 ゴールデンウイークのある朝、花田氏がライブの準備のために観光協会に立ち寄った。「おはよう!」と威勢のいい声だけではなく、観光客の出足の状況や景気などの話を独特の津軽弁で話しまくる。この饒舌さは、転生の陽気な気質からで出るものではなく、彼流の気遣いなのだ。ライブ中もサービス満点だ。聴き入っているお年寄りに、昔踊ったことがある曲を弾きましょうと言う。「さあ、踊って、踊って」と独特のユーモアで、お年寄りを喜ばせる。お年寄りの中には、車椅子で来たにもかかわらず本当に踊りだすお年寄りも出る始末だ。

花田氏の音色はすばらしい。津軽三味線を弾ける人は観光協会の周りには多いが、花田氏の弾く三味線は「超一級」だ。単に撥捌きが一流だというのではなく「艶」があるのだ。また、余り唄わないのだが、彼が唄う民謡の一節は男っ気のある渋い声で心に響く。

筆者も人の顔をどうのと言える人相ではないが、花田氏は声以上に顔が渋い。怒った顔は見たことが無いが、怒らせたくはないタイプの顔なのだ。そんな顔だから、お客に茶目っ気たっぷりに笑顔を見せるとやたらと受けるのだ。

芸能人の共通する一点は、日常の総てのことに関してある種の粋さをもっていることだ。すべての表現が色っぽく、華やかなのだ。だから普通の人と違って見える。でも、花田氏の場合は、津軽三味線を手に持った瞬間から変貌するのだ。これから演奏に出向くという独特の空気が、花田氏の周りを包み込むからだ。

半纏を脱いで、三味線をケースに終いこんでしまうと普通の人になってしまう。本人が計算の上でこの雰囲気を作っているのではないだろう。これは仕事に対して誠実であり、「芸」に厳しいほどの情熱があり、聴いてくれるお客様を大切に思っているからだ。

ロングランのライブは、体調を維持し、自分のスケジュールを調整しなければならないはずだ。この努力と、情熱があるからこそ続いているライブだ。主催側である我々も、彼に負けない位に情熱をもって、訪れる観光客を大切にしなければならない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.1625project.com/mt/mt-tb.cgi/74

コメントする