岩木山から訴えている人

岩木山の初冠雪、紅葉、11月に入ると山麓の公共施設は全てクローズになる。

まだ、雪が降っていないからと雪の準備を遅らせると、とんでもない目に遭う。

岩木スカイラインのリフトなどは8合目から9合目までだから、雪が降る前と後では作業効率が天国と地獄の違いがあるという。荒野に立っているような観光協会も、雪が降ってから雪囲いをするなど、考えるだけで寒くなる。

当然だが、車のタイヤ代えも街で生活している人々より早めになる。スタッドレスタイヤを雪の無い道で長く走るのは、減りが早いというけど仕方ない。降ってから山を降りることができなくなることの方が怖いからだ。

県道3号線沿いの嶽キミの直売所から、クローズ直前に売り余った嶽キミを貰った。このシーズンいったい何本のキミを食べたのか。今シーズンの嶽キミ農家は悲惨だった。一番の販売時期にキミが育たず、この初雪のある11月の声を聞くまで残ってしまったのだから。

これも異常気象の影響か。

11月初旬「東北新幹線前線開業効果活用講演会」という仰々しいタイトルが付いた講演会が開催された。本人が言うように、前座が青森地域社会研究所・地域振興部長の新幹線の開業効果の話。中身が何も無い話で、大半の人達が寝ていた。

本命は「人を集める奇跡のリンゴ」と題した木村秋則氏の講演だ。観光協会でも募集したら、以外にも8人という人数になった。文化センター大ホールの300席がほぼ満席だった。

木村氏は、冒頭から声を張り上げて日本、特に青森県の農業が間違っていると訴えた。
木村氏は、「自分は風評被害にも負けず、十年の歳月をかけて『科学的に合成された農薬と肥料を一切使用しない自然栽培農法』を成功させた」といい、これが真の農業だと豪語した。

続いて、スライドを使い無農薬栽培、有機栽培、一般栽培の3条件で収穫した作物の腐敗の進行状態、栄養分の比較などを説明した。現在、県外からはもちろん、海外からも木村氏の園地に自然栽培の現場を見ようと訪れている。年間約6,000人以上という。

岩木山観光協会にも園地を教えてくれと度々観光客(?)が来る。目的がはっきりせず、興味本位で園地に来られても迷惑だろうし、当協会も案内を要望されていないから断るようにしている。理想的な農業とは自然栽培なのだろう。もともとの農業はどの国においても自然栽培農法であったはずだ。それが、増産や味、形など「商品価値」を追求する段階で安全安心な作物を捨ててしまったのか。これは、国の農業政策の失敗であり、生産者はその政策に翻弄されたに過ぎないのではないか。

今、木村氏を持ち上げている行政をみて、違和感どころか腹が立ってしまうのは筆者だけだろうか。確かに木村氏の仕事は偉業といえるだろう。しかし、そこにまで至る農業事情を考えたら、まずは農業政策を改めるための方策を先に考えた上での行動であってほしい。

数年前、減農薬栽培、自然栽培をより先に進めるためには「地力」の回復をと、自然堆肥を製造するためのプラント事業に関係したことがある。家畜の糞尿、農業残渣、食物残渣、他に人間の糞尿も利用しようとする堆肥造りだった。国・県・市が全面協力で図面まで仕上がったのだが頓挫した。総工費の国が二分の一、農業法人組合が集めた金と市が一部出資して、残りが農林中金で貸すことになったのだが〜「こちらが融資するにあたって、農業者の皆さんは今日までの農業を変えて、その堆肥を使用することを証明していただくこと、それを『担保』とさせていただきます。」この農林中金の一言で農業者が逃げてしまったのだ。農業者が、担保という言葉に過敏だったとも取れるが、集まった100人以上の中でいったい何人が本気でこれからの農業を考えているのかと憤りを感じた。

木村氏が強く訴えている自然栽培農法が、この時代に大きくアピールするのはなぜか。それは農業者だけではなく、過去の過ちに気が付き始めた人が多くなったと言えるのだろう。だが、まだ本来あるべきカタチには遠いのではないだろうか。農家、料理人、食す人が、同じ土壌に立って未来をみているか、漁業にも同じことを言えるだろう。乱獲を止め、次の世代を考えた漁業を計画しているだろうか。

食に関係する人たちだけでなく、消費者も意識改革が必要だろう。
現世だけでなく、次世代を見据えた意識がなければ、「食」の世界は安全・安心なものにはならないだろう。岩木山で自然栽培農法を訴える木村氏にはエールを送る。しかし、この農法が珍重視され、話題になる世の中そのものが狂っているんだと、筆者は声高に訴えたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.1625project.com/mt/mt-tb.cgi/37

コメントする